関西大学 総合情報学部 (高槻キャンパス)渋滞学・計算錯覚学

ノート:目次

Windows10でTeX環境(Emacs+YaTeX)
     Texのインストール(TeXLive2017の利用,isoを利用したインストール)
    
Emacsのインストール
    
YaTeXのインストール

Windows10でTeX環境(TeXStudio+SumatraPDF)
     Texのインストール(TeXLive2020の利用,isoを利用したインストール)
    
SumatraPDFのインストール
    
TeXStudioのインストール

Windows10でPythonの実行環境構築(Python3 + Jupyter Nootbook)
     Pythonのインストール(anacondaを利用)
    
PyCharmのインストール

Windows10でJulia on JupyterNotebookの実行環境構築(Julia + Jupyter Notebook)
     Juliaのインストール
     JuliaをJupyterNotebookで利用する設定(JupyerNotebookの設定は完了している状態で行う場合)

Windows10でVSCodeでの実行環境構築(VSCode + Julia + Python + TeX)[作成中]
     VSCodeのインストール
     JuliaをVSCodeで利用する設定
     PythonをVSCodeで利用する設定
     TeXをVSCodeで利用する設定

Windows10でJavaの実行環境構築(Java + Eclipse + 日本語化)
     Javaのインストール(JDKを利用)
    
Eclipseのインストール(+日本語化)


Windows10でTeX環境(Emacs+YaTeX)

Texのインストール(TeXLive2017の利用,isoを利用したインストール)
  参照サイト:
TeX Live によるインストール (Windows)
(1) Acquiring TeX Live as an ISO image から ISO イメージをダウンロード.
  「download from a nearby CTAN mirror」から,texlive2017.iso をダウンロード.(3.4GBダウンロード)
(2) ダウンロードしたisoファイルをダブルクリックすると BD-ROM/DVD-ROM ドライブとしてマウントされる.
  その中の install-tl-windows.bat をダブルクリック.
(3) インストール中のアクション:
  インストール先の選択(デフォルトでOK)
  オプション設定:「A4」選択,「メニューショートカットの追加」と「TeXworksフロントエンド導入」にチェックを入れる
(4) インストール実行(1~2時間かかる)
  インストールが終われば「終了」で閉じる.
(5) TeXworksを起動して,
    \documentclass{jarticle}
    \begin{document}
    これはサンプルです。
    \end{document}
  の4行を入力し,緑色の再生ボタンをクリック.
  pdf原稿が表示されればインストール完了.
  ※ Texworksで十分な人はこれ以降の作業は不要.

Emacsのインストール
参照サイト: よしいずの雑記帳 Windows 7 における Emacs のセットアップ作業のメモ
(1) まず,ユーザー環境変数"HOME"の設定を行う.
  「システムのプロパティ」ダイアログを開く:[スタート]→[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[システム]→[システムの詳細設定]
  「環境変数」ダイアログを開く:「詳細設定」タブ→「環境変数」ボタン
   ユーザー環境変数の「新規」ボタンをクリック。
  「新しいユーザー変数」ダイアログが表示されるので、以下のように入力:
     変数名:HOME
     変数値:%USERPROFILE%
  入力したら、「OK」ボタンをクリック。
  「環境変数」ダイアログの「OK」ボタンをクリック。
  「システムのプロパティ」ダイアログの「OK」ボタンをクリック。
(2) いざemacsのインストール.
  emacs for gnupack の入手とインストール
  emacs for gnupack は以下のリンク先から入手できます:
    → SourceForge.JP:gnupack (cygwn + emacs package) プロジェクト
  例えば,emacs-24.3-20130503.exe など新しいものをダウンロードする.
  ダウンロードが終了したら、emacs-24.3-20130503.exe をダブルクリックして実行します。
  すると、「emacs-24.3-20130503」という名前のフォルダができるので,その名前を「emacs」に変更し、フォルダごと C ドライブの直下に移動します。
(3) 初期設定ファイル(init.el)の作成
  C:\emacs\bin の中の runemacs.exe をダブルクリックすると、Emacs が起動します。起動後いったん終了します。
  このとき、ユーザープロファイルフォルダ (C:\Users\[ユーザー名]) を見ると、「.emacs.d」という名前のフォルダが作成されているはずです。
  そこに,init.elファイル(emacsの初期設定ファイル)を置く.(init.elファイルが無い場合は作ればよい.)
  init.el設定ファイルの例は次のりんくより.
    参照:http://sourceforge.jp/magazine/09/04/23/0834240/5
    参照:http://www.clear-code.com/blog/2012/3/20.html
    コメント::with-eval-after-loadでエラーが出たので,eval-after-loadと書き換えた.
ちなみに,友枝が利用しているinit.elはコチラ

YaTeXのインストール
  参照サイト: Windows 7 における YaTeX のセットアップ作業のメモ
(1) YaTeXの入手,インストール
  YaTeX は以下のリンク先から入手できます:
    → Yet Another LaTeX mode for Emacs
  yatex1.80.tar.gz など新しいものをダウンロードします。
  ダウンロードが終了したら、yatex1.80.tar.gz を適当な解凍ソフトを使って解凍します。
  すると、「yatex1.80」という名前のフォルダができます。
  その名前を「yatex」に変更し、フォルダごと C:\emacs\site-lisp の中に移動します。
(2) dviの設定
  Option→Setup Parameters→Resolutionで300dpiに再セット
  Option→Setup Parameters→Graphic→BMP(Full Color)へ.
  View→Change Tool Buttons→でニコちゃんを出した。
(3) AspellとAspell用の辞書(英語)のインストール
    参照: WindowsにおけるAspellのセットアップ作業のメモ
    参照: Aspellのインストール


Windows10でTeX環境(TeXStudio+SumatraPDF)

Texのインストール(TeXLive2020の利用,isoを利用したインストール)
(1) Acquiring TeX Live as an ISO image から ISO イメージをダウンロード.
  「download from a nearby CTAN mirror」から,texlive2020.iso をダウンロード.(3.7GBダウンロード)
(2) ダウンロードしたisoファイルをダブルクリックすると BD-ROM/DVD-ROM ドライブとしてマウントされる.
  その中の install-tl-windows.bat をダブルクリック.
(3) インストール中のアクション:
  インストール先の選択(デフォルトでOK)
  オプション設定:「A4」選択,「メニューショートカットの追加」と「TeXworksフロントエンド導入」にチェックを入れる
(4) インストール実行(1~2時間かかる)
  インストールが終われば「終了」で閉じる.
(5) TeXworksを起動して,
    \documentclass{jarticle}
    \begin{document}
    これはサンプルです。
    \end{document}
  の4行を入力し,緑色の再生ボタンをクリック.
  pdf原稿が表示されればインストール完了.
(6) (必要な人だけ) スペルチェッカを追加で入れる
    参照:https://texwiki.texjp.org/?TeXworks%2F%E8%A8%AD%E5%AE%9A#ycb12d64
  ■ Windows の TeX Live 2020 の場合
     https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/language-tools/ から辞書をダウンロードする.
     ダウンロードしたファイルの拡張子を zip に変更して展開する.
     TeXworks を起動してすぐに終了.
     C:\ユーザー\<ユーザー アカウント名>\.texlive2020\texmf-config\texworks フォルダー
       または
     C:\ユーザー\<ユーザー アカウント名>\TeXworks フォルダー
     が作成されていることを確認する.
     C:\ユーザー\<ユーザー アカウント名>\.texlive2020\texmf-config\texworks\dictionaries フォルダー
       または
     C:\ユーザー\<ユーザー アカウント名>\TeXworks\dictionaries フォルダー
     を作成して辞書 (English (US) であれば en-US.aff と en-US.dic) を配置する.
     # 今回の場合,C:\Users\<ユーザー アカウント名>\TeXworksに置いたら認識した.
     TeXworks を起動して [編集] > [設定] > [エディタ] > [スペルチェッカの言語] から辞書を選択する.
     [編集] > [スペルチェック] で辞書を選択する.
  ※ Texworksで十分な人はこれ以降の作業は不要.

SumatraPDFのインストール
(1) SumatraPDFの入手
  SumatraPDFは以下のリンク先から入手できます:
    → https://www.sumatrapdfreader.org/free-pdf-reader.html
(2) インストール
  ダウンロードした.exeファイルを実行してインストールするだけ.
  # 設定はTeXStudioを入れてから.

TeXStudioのインストール
    参照サイト: TeXstudioのインストールと初期設定
(1) TeXStudioの入手,インストール
  TeXStudioは以下のリンク先から入手できます:
    → https://www.texstudio.org/
  ダブルクリックでインストールするだけ
(2) 設定
 オプション→texstudioの設定→コマンド
  # LaTeXのコマンドの変更(プログラムを選択ボタン:青)
   C:\texlive\2020\bin\win32の中のplatex.exeを選ぶ."C:/texlive/2020/bin/win32/platex.exe"
   選んだ後に,"C:/texlive/2020/bin/win32/platex.exe" -synctex=1 -src -interaction=nonstopmode %.tex と書き換える.
  # 外部PDFビューアの変更
   "C:\Program Files\SumatraPDF\SumatraPDF.exe" -reuse-instance -inverse-search """"C:\Program Files (x86)\TeXstudio\texstudio.exe""" """%%f""" -line %%l" "?am.pdf" -forward-search "?c:am.tex" @
 オプション→texstudioの設定→ビルド
  # ビルド&表示での設定マークから,コマンドのリストにある"コンパイル&表示"を削除して,左からLaTeX・DviPdf・External PDF Viewerを追加.
  # 既定のコンパイラをpdfLaTeXから,LaTeXに変える.
  # 既定のビューワーを直接入力で txs:///view-pdf-external に書き換える.
 オプション→texstudioの設定→キーボードショートカット
  # メニュー→ツールで,現在のショートカットを変更
   ビルドを Ctrl+T
   コンパイルを Ctrl+space
 SumatraPDFの設定
  # 左上の 設定→オプション→逆順検索コマンドラインの欄に以下のように記述する.
   "C:\Program Files (x86)\TeXstudio\texstudio.exe" "%f" -line %l
  # 逆順検索コマンドラインの設定が表示されていない場合は [左上] > [設定(S)] > [詳細設定(A)] で %APPDATA%\SumatraPDF\SumatraPDF-settings.txt を開いて [EnableTeXEnhancements = true] に変更する.


Windows10でPythonの実行環境構築(Python3 + Jupyter Nootbook)

Pythonのインストール(anacondaを利用)
参照サイト: Anaconda を Windows にインストールする手順
(1) Anaconda のダウンロードページ から Python3.7 64-bit Installer をダウンロードしてインストール.
(2) インストール中のアクション:
  Next -> I Agree -> Next -> Just Meを選んでNext -> デフォルトのインストール先のままNext -> "Add Anaconda to my PATH environment variable" と "Register Anaconda as my default Python 3.7"の両方にチェックを入れてInstall -> Next -> Next -> Finish で終了.
  ※ Just Meを選んだ場合,インストールフォルダで権限が無いためにエラーが出ることがある.その場合は,Just Meではなく,「All Users」を選ぶこと.

PyCharmのインストール
参照サイト: PyCharm のインストール
(1) Pycharmのダウンロードページ から Professional版 をダウンロードしてインストール.
(2) インストール中のアクション:
  # 64bitデスクトップショートカットを選択.
  # .pyに関連付けにチェックを入れる.
  # Licenseアクティベーションのため,webからアカウント登録
  # PycharmのKeymap schemeをemacsに変更.


Windows10でJulia on JupyterNotebookの実行環境構築(Julia + Jupyter Notebook)

参照サイト: Julia ver1.4.2 を Jupyter Notebook で動作させるまで

Juliaのインストール
  ダウンロード先: Juliaのダウンロード

JuliaをJupyterNotebookで利用する設定(JupyerNotebookの設定は完了している状態で行う場合)
(1) Juliaを起動(アプリとして起動.そうするとターミナルが開く.)
(2) 起動直後は Juliaモード(julia> というプロンプトが出る.)
(3) Juliaモードで ] を入力するとパッケージPkg.モードに移行(julia > ] と入力)
(4) IJUliaパッケージをインストール
  pkg > add IJulia と入力
(5) 正しくカーネル追加できていれば,右上のNew(新規ファイル作成)のところにJulia 1.4.1がでる.
(6) juliaは,exit()で終了.(julia > exit() で終了)


Windows10でJavaの実行環境構築(Java + Eclipse + 日本語化)

Javaのインストール(JDKを利用)
参照サイト: 今すぐ設定できる!Javaの開発環境の構築方法(Windows編)【初心者向け】
(1) コマンドでのJavaの実行もできるように,JDKをインストールする.
   Java SE のダウンロードページ から JDK "Download"をクリックしてダウンロード.
  ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール.(インストールフォルダはデフォルトでOK)
(2) 環境変数を設定する.
  マーク右クリック -> システム -> システムの詳細設定 -> 環境変数 -> システム環境変数のPathを選択して,編集をクリック.
  新規をクリックし,jdkのインストールパスに「\bin」を付け足して入力し,OKをクリック.

Eclipseのインストール(+日本語化)
参照サイト: 今すぐ設定できる!Javaの開発環境の構築方法(Windows編)【初心者向け】
(1) 統合開発環境である Eclipse をインストールする.
   Eclipse のダウンロードページ から "DOWNLOAD 64BIT"をクリックして,もう一度"DOWNLOAD"をクリックしてダウンロード.
  ダウンロードしたインストーラ(eclipse-inst-win64.exe)を実行して,Eclipse IDE for java Developersをクリックしてインストール.(インストールフォルダはデフォルトでOK)
  起動したら,一旦終了しておく.
(2) 日本語化をする.(日本語化するためにPleiadesというプラグインを導入)
   Pleiades のダウンロードページ からPleiadesプラグイン・ダウンロードの項目の"前回版ダウンロード"をクリックして,もう一度"DOWNLOAD"をクリックしてダウンロード.
  ダウンロードしたzipを解凍し,featuresフォルダー・pluginsフォルダー・eclipse.exe -clean.cmdファイルの3つを,eclipseのインストールフォルダ(デフォルトだと C:\ユーザー\名前\eclipse\java-oxygen\eclipse など)にコピーする.
  eclipse.iniをテキストエディター(メモ帳など)で開き,最後に
    -Xverify:none
    -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
  の2行を追加する.
  eclipse.exe -clean.cmdを実行すると,日本語化されたEclipseが起動する.



所在地

〒569-1095
大阪府高槻市霊仙寺町2-1-1
関西大学高槻キャンパス
A棟219室(TA219)
友枝研究室へのアクセス

連絡先

tomoeda [at] kansai-u.ac.jp

SNS

気まぐれにtwitterで情報発信中///

follow me follow me LINEで送る

↑ PAGE TOP